kumiobanのブログ

体験したことを自分なりに書いています

中年夫婦二人の簡単な部屋とお金の断捨離方法は

お金の断捨離を始めたきっかけは

部屋の中の断捨離でした。

 

衣服

持ってる服の、ほとんど着てないものは全部捨てる

残りをハンガーにかけ、見やすいようにして

季節の変わり目に、もう一度見直して

ほとんど着なかった服を断捨離

最初は、もったいないから捨てれないと思ってた服も

時間がたって見直すと、断捨離出来るようになります。

ハンガーに掛けているので選びやすく

着たい服、着ない服がわかりやすい。

これで来ていた服が、いかに少なかったと気づく。

 

部屋の家具

洋服ダンス

整理ダンス

本棚

食器棚

家具はほとんど昔からあったもので

古いし場所はとるしで

すべて粗大ごみ

押入れをクローゼットのかわりに使い

ハンガーに掛けられない小物類は押入れ用のチェストに収まるだけにした。

食器

タッパ これは使ってないのにいつの間にか増えていたので

ほとんど廃棄

食器は必要最低限で各夫婦二人分プラス一個

収納はカウンターキッチンの棚に収まるだけにする。

グラスやカップも必要な数だけにする。

我が家は来客もほとんどないのでこれで十分です。

調理器具

フライパンとお鍋大と小一個

料理はほとんど炊飯器とオーブンレンジで済ませるので

これで十分間に合う

 

 

大きな家具や日頃使うものを断捨離すると

これだけでも結構スッキリします。

家具は有るものと、そう思いこんでいたのですが

なくてもいいんですね。

家具がないと、部屋がとても広くなります。

掃除もしやすくなります。

如何に要らないものに囲まれて

日々過ごしていたのでしょうか。

 

お金の断捨離

家の中の断捨離がほぼ終わって落ち着いたころ

銀行通帳の記載がとても気になりだします。

何に使っているか把握することがとても大事です。

まず固定費の見直しです。

電化製品の年間保証料、パソコンを買った時の

月々の保証料などが

何件かありそのままになっています。

これらをすべて解約

少額だとばかにしてはいけません。

私は少ない金額で保証してもらえるという

安心感が欲しかったのでしょう。

 

保証といえば生命保険です。

今まで何十年と払ってきたのですが

これも何かあったらと、不安をそそります。

ですが、なかなかお世話になることもなく

夫婦二人の保険料は結構大きな金額です。

これも最低限の保証にして

残った分は、貯蓄に回すことにしました。

社会保険や厚生年金、高額医療費など

保障してくれる制度が多くあるにも係わらず

何故か高額な生命保険に入ってしまいます。

 

次にスマートフォン

これもキャリアのスマートフォンを使っていたのですが

あまり使わないのに、料金は高い

ということで格安SIMに変更

これでかなりの断捨離です。

 

しかし何もかも断捨離(節約)してはいけません。

苦しくなります。

なので、食費はなるべく節約はしません。

そんなにたくさん食べることもないので

楽しく食べたいですね。

嗜好品はコーヒー豆と炭酸水を買う位ですが

たまにおやつも買います。

 

光熱費もあまり気にせず使います。

電気を消し忘れたとか、エアコンつけるのを我慢したりだとか

そんなことで疲れてしまってはいけません。

なるべくストレスのかからないような

生活を心掛けています。

不必要なものは断捨離して、必要なものは

我慢せずに使う。

お金の断捨離とはこれがベストです。

不思議と心も軽くなりました。

 

 

 

www.kumioban.com