kumiobanのブログ

体験したことを自分なりに書いています

糖尿病かも?と思い炭水化物制限(糖質制限)を始めて丸6年たった。

私が何故糖質制限を始めたか?

糖質制限を始めてどう変わったか?

糖質制限を始めてなぜ進化したのか?

ちょっと簡単ではありますが

そんなお話をしたいと思います。

 

今から6年前ちょうど大腸癌が見つかる1年前ですが

喉は乾く

甘い物獏食い

身体がだるい

むくみ

肌荒れ

眠気

などなど

そんな毎日を送っていました。

この時特に浮腫みがひどくて

え 私、もしかして糖尿病?

私の中では、糖尿病がとても怖い病気だと思っていたので

すごく不安でした。

なぜなら 糖尿病には合併症があります。

人工透析 足切断 失明 etc

こんな浅い知識ですが、そう思っていました。

そんな時テレビで糖質制限の話を聞いたのです。

今は結構世間に知れ渡っていますが,当時はまだまだといったところです。

なに なに?

これって何か私の症状に似てる

炭水化物取り過ぎ?

えー そういえば私炭水化物大好き

ご飯も 焼きそばも ビックマックも ラーメンも 炒飯も 生ビールも でもなぜ?

なんで炭水化物ダメなの?

ほんとに疑問でした。

しかし 言ってることは少しわかるようなきがする。

炭水化物は身体の中で糖にかわる

血糖値が上がる

そしてインスリンが出て

血糖値を下げようとする

この繰り返しで 血糖値の乱高下を繰り返す。

この時身体に色んなことがおきる。

これはあくまで私の、超簡単な解釈ですので サラッと流してくださいwww

これはヤバイ やばいぞ

それからです。

その日から早速糖質制限を始めたのです。

  • スーパー糖質制限食
  • スタンダード糖質制限食
  • プチ糖質制限食

スーパー糖質制限食は3食すべて糖質抜き

スタンダード糖質制限は2食糖質抜き

プチ糖質制限食は夜だけ糖質抜き

もちろん私はすべて糖質抜きのスーパー糖質制限食です。

なぜなら糖尿病がとても怖かったからです。

糖質制限をしながら、本を色々買って調べました。

ほんとにたくさん読みました。

その時テレビに出てた先生のブログも、毎日見てました。

納得することばかりで 真剣に頑張ってみようと・・

なぜなら、糖質制限を始めて、早い段階で身体が楽になっていったからです。

まず 浮腫みがとれた

朝起きると顔も手もパンパン(これはビールのみすぎ?)www

夜は仕事から帰ると足がパンパン 

これが少しずつ良くなって体調も少しずつ回復!

気分もよくなり

当時はもう何もしたくない症候群に陥ってましたから(笑)

続けられるって やっぱり実感することですね

体重も10k位落ちて ずっとそのまま維持しています。

もちろん時々ケーキ食べちゃいます。

 

糖質制限は色々と言われています。

良いとか悪いとか 脳はブドウ糖が必要とか 力が出ないとか 早死にするとかetc

これは仕方のない事です。それぞれに考え方が違うし、価値観も違う

良いとか悪いとかその人の考えで決まるもの

だから自分が信じていることが その人にとっての真実であり

だからといって、それを人に押し付けるものでもなく

自分を信じて 自分を大切に 自分を愛して生きていきましょう。

卑屈な性格だったわたしが、こう思えるようになったのも

糖質制限のおかげ?かしら(笑)

ありがとうございました。